takelogue

タケのログを残すブログ

アーロンチェア買ったった

      2015/09/06

ども、takeです。
タイトル通りなんですが、ハーマンミラー社のアーロンチェアを買っちゃいました。
最近めっきり家にいるもんで、腰痛とか作業効率とか考えると、こういう結論になっちゃうよね。

MG 2733

さて、このアーロンチェアなんだけど、まぁいわゆるワークチェアってやつ。
『ワークチェアの王様』と呼ばれ、MoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクション(永久収蔵品)にも並ぶ名品ですね。
発表は1994年、人間工学に基づいた多機能椅子で、座面やリクライニング等を細かくカスタマイズすることで一般的な体格の成人(男女問わず)の99%にマッチ。
カラダとの接地面を最大化することで一部分への負担を減らす。
しかもカラダに触れる部分はメッシュになっているから、夏でも蒸れること無く、快適なデスクワークを実現できる。
そんな触れ込みの逸品。

今回は現行品のポスチャーフィット型(腰へのサポートを強化したもの)ではなく、発売当初の型であるランバーサポート型を購入。
ポスチャーフィット型にも試座したんだけど、フィット部分は非稼働で、かつ緩やかなサポートであるため最適かどうか悩み、ランバーサポートにした。
実はこのランバーサポートも、表裏を入れ替えることでかなり幅広い調整が可能。
個人的な腰のラインへはランバーサポートの方がフィットするんじゃないかと思い、購入に至った次第。

まだ長時間の作業は試してなくて、生活の範囲で軽く座っているだけなんだが、これいいよ。
いつもダラっと姿勢が悪くなる(背中が丸くなる)んだけど、アーロンチェアに座っていると、なんだか背筋が伸びる。
というか、フィット感が心地良いから、姿勢を悪くする必要が無い。
こんなことなら、もっと早く買っておけば良かった。。
まず間違いなく、1万〜3万程度の椅子を買うくらいなら、奮発して新品or価格を考慮して中古で、アーロンチェアを買うべきだね。

実は、ハーマンミラーでは、同じ多機能デスク・チェアであるミラチェア2や、セトゥーチェアも試したんだけど、ミラチェア2とは選び切れなかった。
あとは出会いとタイミングだと思うので、椅子を探している方は、ぜひ、まず試座を薦めます。
それで絞って、あとは偶然に任せるのも良し。

 - モノログ