ただ単に思ったこと

ゲームに関するTEDを見ていて、ふと思った。
“ゲームって、日本人的素養を育むんじゃない?”って。

特にネットワーク系ゲームに言えるんだけど、下記のような特徴があるよね。
1)ある一定のルールに則って行われる。
2)他人と小さなコミュニティを作り、共に達成することの喜びを知る。
3)また、コミュニティの和に重きを置く。
4)そして、生産性の有無に関わらず、目の前の作業を楽しむ。

日本人が得意としてきた製造業なんて、ここで挙げた特徴を持った人々が支えているようなものではないだろうか。
少しの進歩を突き詰めて完成度を上げるなんてのは、こういった特徴の賜物に他ならないと思う。
日本の教育が生んだ美徳のようなものだろう。

現在、スマートフォンや携帯ゲーム機の多様化によって、世界中の人がゲームに興じている。
そして、それがスタンダードとなった世代にとっては、上記したような(一見退屈な)作業も、ゲームのように楽しめる対象なのではないだろうか。
そうしたら、日本人の強みとも思える特徴は、すでに世界的に通用しないかもしれない。

なんてことを、TEDを見ながら書いたもんだから、伝わりにくい文章になってしまった。