自転車はサイコーだ。

ここ5~6年、自転車にハマってるんだよね。
自転車って言ってもロードバイクで、いわゆる競技用自転車。
ツール・ド・フランスなんかでよく見るやつだね。

もともと、松山なんて田舎で育ってるから、基本的に移動は自転車。
バスや電車の使い勝手も悪かったから、みんな結構な距離を走ってたと思う。
現に片道16kmの通学路を毎日自転車で通ってた奴もいたし…。
ママチャリ的な自転車でだから、凄いよね。

んで、最近ロードに乗り始めて思ったのは、都内でも自転車最強説。
車でも信号なんかの障害を考えると平均22~3km/hくらいだと思うんだけど、自転車でも実現可能な数字。
一方通行なんかを考えると、自転車の方が早く着くなんてこともあったりして。
置き場所にも困らないし。ともかく便利なのさ。

それと同時に、自転車って楽しいんだよね。
ボチボチ走っても、一日100kmくらいは楽に走れるから、休日にフラッと旅行感覚で移動できる。
特に目的地が無くても、自転車に乗ってる事自体が楽しいんだから、二度美味しい感じ?

自分で整備をし始めると、昔遊んだミニ四駆なんか思い出したりしてね。
パーツ選びでも楽しめる。

そんななか、新たな楽しみ方を提案しているのが下記動画。

マウンテンバイクの伝説的なトライアルライダー、Martyn Ashtonさんの動画。
トライアルライダーってのは、足を地面につかずにいろいろやる人のこと。
自転車を使って、飛んだり跳ねたりする映像を見たことがあるんじゃないかな?

そんなMartyn Ashtonの動画は、一朝一夕で真似できるものではないけど、自転車の可能性を広げてると思う。
険しい道や細い橋を走ったり、純粋にロード(道路)をスピーディに駆け抜けたり。
ただ”走る”という枠を超えて、楽しみを見出してくれる気がする。

ってことで、自転車好きも、そうでない人も。
一度観てみると良いと思われ。