Windows Phone 7

本日ついに「第3の勢力」と呼ばれるWindows Phone 7が発表された。
最新OSのMANGOを載せて、auからau IS12Tが発売されるとのこと。

au IS12T 発表、日本初のWindows Phone ” Mango ” 端末
au IS12T …

「Windows Phone IS12T」超速攻ムービーレビュー、まずは軽く触ってみた – GIGAZINE

【動画レポート】話題の「タイルUI」のレスポンスは? 「Windows Phone IS12T」に触った! – Phile-web

でね、WBSでそのニュースを見てて、思ったわけよ。
Microsoftにスマートフォンは早いんじゃね?と…。
もっと言えば、日本での発表はこのタイミングじゃねーだろ!と…。

iPhoneってさ、iMovie然り、iWorks然り、スマートフォンのUIを作ってきたじゃない。
色々機能的な制限は受けるだろうけど、とにかく使っていて心地のよい操作感を目指してさ。
いや、本心は知らないけど。
で、Androidはさ、UIこそオリジナリティは低いかもしれないけど、
オープンソースの強みを生かしてスマートフォンとしての個性を発揮してるじゃん。
SNS系でも強いっぽいしさぁ。

それに引き換え、Microsoftときたら…。
キラーコンテンツであるOfficeをスマートフォンに最適化できていない。
いやね、当然Officeの全機能なんて盛り込めないのよ。
だったらこそ、メインPCの拡張なり、手軽な修正なり、
専用端末(連動端末)としてのUI開発とかしたら良いのでは?とか思っちゃって。
あの液晶サイズでファイル俯瞰は到底無理なんだからさ。

Microsoftの本格参入は、まだまだ先な気がするんだよねぇ。
とか、そんなことを思ったら、がっかりしちゃった。
Windows Phoneには期待してるんだけどな。

って話。