NO MUSIC, NO LIFE.

Music head converted

最近、家の音楽環境にハマっている。
この「ハマっている」には2種類あって、遂に興味を持ち始めたのとともに、次から次に試したくなる罠にもハマってるんだよね。

ハマり始めた要因はStereoって雑誌の2013年1月号を買ったこと。
この号には特別付録としてLUXMANのUSB-DAC(&ヘッドフォンアンプ)『LXU-OT2』ってのが付いてたんだよね。
で、新しいおもちゃを手に入れた子供のように、まんまと気になり始めたってわけ。

USB-DACってのは『USBで接続するDigital to Analog Converter』の略。
デジタル信号をアナログ信号に切り替えるもので、例えばMacに入っている音源をスピーカーなどで出力するのに使われる。
当然Macにも内蔵されてるんだけど、それじゃあ品質的に云々とかって理由で、良い音で聴くには外付けのUSB-DACが有効なんだとか。

さて、ここまで書いてはみたけれど、実はうちにはアンプやスピーカーが無い。
というと語弊があるな。
正確には「USB-DACでワザワザ外に出しても、良い音で聴くために揃えたアンプやスピーカーがない」んだなぁ。

困ったね。
これまでオーディオに見向きもしなかったから、何が良いか分からない。
でも、せっかく手に入れたおもちゃをムダにするわけにはいかない。
ってことで、得意のネットサーフィンで情報収集。

「やっぱり最初はBOSEをゲットしとくか?」とか
「永遠の憧れBang&Olufsenを買っちゃうか?」とか
「そういやTEACを使ってる人がいたな」とか
今まで持ってた知識(とも呼べないけど)を総動員して辿り着いた製品がFOSTEX PM0.3

この製品、何が良いって“とにかく安い!”
この金額でアンプ内蔵だから、テレビやMacと直接つないで使ってもOK。
なにせDACまでしか持ってないから、アンプ・スピーカーを揃えるとそれなりになるんだよねぇ。
基本的に良い物好きな俺としては、入り口で絞らないと際限なくなってしまいそうで…。
シンプルな音で、ネットでの評判も上々みたいだから、素人が事始めとして買うには良いんじゃないかと思われる。
まだ届いてはないんだけどさ。

ってことで、届いたらレビュー…なんてしないけど、ちょっとずつオーディオ関連のことも書けたら良いなぁ。
AACとALACの違いとか、AirPlayの話とか、書きたいこと(知りたいこと)はあるんだよね。
最近流行りのハイレゾとか試したいし。

ともあれ、形から入る俺は、基盤むき出しのLXU-OT2もどうにかしなきゃなぁと思っております。
しかもデフォルトを試す前からオペアンプ交換しようとしてるし(汗)
ミニ四駆世代は、色々イジりたくなるよね。

Photo 1